コンセプト

私たちのコンセプト Concept

建築をデザインするということは、マチ、人、歴史、景色、匂い、音、手触り、など、さまざまな要素からつむぎ合わせるように作っていくものだと考えています。要望や経済的理由のみから決定されるものではなく、総合的に与えられた条件を理解して、構成し、一つの空間や形態を決定します。

住宅の場合であれば、すまい手には、こんなイメージの家が欲しい、こんな生活スタイルがいい、というような個々の要望があると思います。建築家はそれらをヒヤリングして、ただそのまま作るのではなく、言葉にならない潜在的なものを探り出し、マチなどその他の要素を鑑みながら、すまい手が想像も付かなかった提案をする場合も少なくありません。

子どもたちが遊んだり、勉強したり、老人がゆったりと自分の時間を過ごしたり、アクティブに働く人たちの発想を支援したりする空間もすべて、人間が暮らす空間です。より豊かに、活動的に、刺激的に、穏やかに、様々な状況を作り出すための工夫を凝らし提案していきたいと思っています。

こうして建築家とすまい手のコラボレーションの中から、連続体としてのマチを構成する一要素としての建築空間が生まれていきます。これらをともに乗り越えることで、より、自分たちの住宅に愛着がわき、大切にし、長くはぐくみ続けることができると思います。クライアントと一緒に思いを馳せ、夢のある未来の風景づくりができるように心がけています。そこにこそ建築家の役割があると思うのです。