仕事の流れ

仕事の流れ

  • ヒアリングまず敷地見学やクライアントの思い、要望などをヒヤリングします。
  • 基本スケッチスタディ模型やスケッチなどでプレゼンテーションします。
  • 着手の手続き基本スケッチが気に入っていただけたら着手金を預かり基本設計に着手します。
  • 基本設計より具体的な内容を検討し、模型や図面でプレゼンテーションします。
  • 概算基本設計がおおむね同意が得れたら概算をし予算との比較をします。
  • 設計監理契約基本設計、概算ともに同意が得られたら設計監理契約を結びます。
  • 実施設計設計図面を実際に書いていきます。設備の決定や構造設計も同時に行います。
  • 工事見積設計図面が完成したら施工する業者に見積を依頼します。3週間ほどかかります。
  • 業者の決定見積をチェックし予算と比較検討し、施工する業者を決定します。
  • 着工工事が完成するまで監理という立場で設計をより確実なものにします。
  • 引渡し工事が完成したとき検査をし手直しを支持するなどしてクライアントに引き渡します。

設計監理料は工事費の12%から14%とお考えください。構造設計料は別途頂く場合があります。
設計監理契約時1/4 着工時2/4 棟上時1/8 完成時1/8 が支払いの目安です。
このプロセスは住宅の新築の例です。リフォーム、店舗、集合住宅、施設系の場合は異なる場合がありますのでご相談ください。